交差点の通行と踏切の注意点

交通事故が後を絶ちません。
車の運転に当たっては、交通法規をしっかり守って、事故を起こさないように、十分すぎる配慮が求められます。
特に事故が多いのが、交差点です。
自動車が右折、あるいは左折するときに、内輪差が生じます。
内輪差は、車体の長さが長くなるほど大きくなります。
大型車などは、とりわけ大きな内輪差が出てきます。
つまり、右左折する際には、内側にいる歩行者や自転車などを巻き込んでしまわないように、運転することが大事です。
また、左折のときは、左側に二輪車が走っていないことを確認することも怠ってはなりません。
右折のときは、あらかじめできるだけ道路の真ん中に寄って、道路の交わる内側を徐行することが大切です。
また、鉄道踏切を運転して通過するときも注意が必要です。
通過の手順としては、まず、踏切の手前で、確実に一時停止します。
次に、自分の目で左右の安全を確かめ、耳で電車の音がしないことを確認いたします。
そして、踏切内ではエンストにならないように、マニュアル車の場合は、発進した時の低速ギヤのまま、変速しないで、一気に通過いたします。
なお、車が落輪しないように、やや中央寄りを通るように心がけます。
このような注意を厳格に守ることが、安全運転のためには重要です。