歩行者のそばを通過するときに注意しておくこと

自動車を運転していることだけで歩行者よりも強い立場にあり、事故を起こした場合などは過失責任などは問われずに運転手の責任になる場合が多いです。歩行している人は自動車に乗っている人と比べますと全く装備がない状態だと理解すればよろしいです。自動車同士の事故ならば同じような環境にいるので責任割合などが問われることになります。ですから歩行している人には最大限の配慮をしなければならないのがドライバーです。基本的には歩行する人は歩道を歩いていますので車道を運転している限りは事故を起こす可能性はないです。しかしいくら歩行通路を歩いている人でも車道との適度な間隔がなければ事故を起こしてしまう可能性も高いのです。間隔も大切ですが歩道を横切る際には細心の注意が必要です。スーパーなどの駐車場に入る際には歩道を横切ることも多いです。警備員などの担当者がいるような場合にはその指示に従えば良いのですが誰もいないような場合には自分の判断で歩道を横切ることになります。気をつけなくてはならないのは歩道の人だけではなく対向車の状況や二輪車や自転車などにも配慮しなくてはなりません。少しでも危険性を感じる場合には運転手の責任として待つことも必要なのです。

コメントは受け付けていません。