踏切の通過コツと踏切上での故障時の措置

慌てながら作業をしていると、取り返しの付かない事態を引き起こすことがあります。踏切の通過もそのうちの1つです。そのコツは至ってシンプルで、表示に従いながら左右を確認した上で渡り切るだけです。もう少し掘り下げると、表示というのは一時停止を意味します。左右の確認は言わずもがなで、遮断機が故障していることを常に想定することが大切だからです。つまり、安全に通過するコツは交通法規を確実に守るということになります。そして、忘れてはならないのが故障時の措置です。車というものは、いつでも万全の状態で走行を続けられるわけではありません。もしかしたら、遮断機の真下でエンジンが止まってしまうことも大いに考えられます。そのような場合には慌てることは厳禁です。まずは遮断機の近くの非常ベルを押します。続いて、身の安全確保の前にもう一つ行うべきことがあります。車に備え付けてある発煙筒を使うのです。電車の運転手から煙が見えるように工夫をしながら、事故車が止まっていることを知らせるようにしましょう。ただし、発煙筒を使う際は線路から少し離れた場所で使うのがベストです。以上のことを心に留めて、安全に通過ができるようになりましょう。

コメントは受け付けていません。