交差点等の通行コツ

交差点手前や交差点直後に踏切りがある場合があります。
通常、鉄道を車で通過する際に一転停止後左右の安全確認をして速やかに通過するというのが一般的な常識として承知している人が多いですが、交差点手前に鉄道がある場合、あくまでも鉄道優先となるため、青信号であっても遮断機が下りている状態では走行ができず、鉄道が優先となります。
また、遮断機が下りておらず警報機が鳴っていなければ、通過は信号機に忠実で走行しても良いため、軌道敷前での一旦停止と左右確認の必要がありません。
例え、停止線が書いてあっても、道路に止まれの文字が書かれていなければ、停止せず青信号で走行しても問題ありません。
逆に、一旦停止をすることで、交差点内に自動車が停止してしまったり、軌道敷内に自動車が閉じ込められる危険性があるため、信号機に忠実に走行しなければいけないです。
鉄道事故は大惨事を招き、大勢の足を止め、補償も莫大なものとなるため、交差点を走行するときは速やかに、かつ、安全確認をしっかりとして円滑に通過しなければいけません。
とくに、右折レーンに居る状態で、通過直後に鉄道軌道敷がある場合、とくに気を付けて確認後に走行する必要があります。

コメントは受け付けていません。