交差点を通行するときはここに要注意 

自動車を運転する際に危険な場所の1つが、交差点です。ここでは、様々な車が入り混じる場所であることから、事故の発生が多くなる場所でもあります。しかし、事故の発生以外にも注意すべき点があり、内輪差です。内輪差は、自動車が右折や左折をする際にを起こるもので、前輪と後輪の通過する場所が異なることをいいます。この差のことを覚えていなければ、予想もしていない場所で後輪をぶつけてしまう事態が発生してしまいます。発生してしまう理由としては、ドライバーが前輪に近い位置で運転していることがあげられます。前輪と同じ位置を後輪が通ると勘違いしてしまいますが、実際は、後輪は前輪の内側を通ってしまうのです。そのため、前輪が通過できたにもかかわらず、後輪がぶつかってしまいます。また、この内輪差が原因で、事故の発生も起きています。歩道にいる歩行者や自転車などに後輪が衝突してしまう巻き込み事故が発生しているのです。特にトラックなどの大型車は、普通車よりも巻き込み事故が起きやすい傾向にあるため注意が必要です。運転をする際には、右折・左折時の車輪の機動に十分に注意することが必要です。あらかじめこの差を知っておくことで、事故に備えることができます。

コメントは受け付けていません。