目と耳による安全確認を必ずしよう

踏切は事故が発生し易い場所なので、通常の道路よりも注意が大切で安全確認が必要です。
一時停止は基本的な動作ですから、危険性がある場所では行うルールですし、ドライバーは安全確認を行う為に行動します。
車の事故が起こると救出が優先されるので、踏切に閉じ込められた場合は安全確認が第一条件ですし、助ける側も身を守る事が全体の利益に繋がります。
列車の接近を音で聞き取る事が重要ですから、方向を確認して耳を澄ませると接近を早期に知る事が出来ますし、時間的な余裕がない場合は列車に知らせる優先順位が上がります。
複数で救出が行える状況ならば、一人が車からの救出を担当出来るので、列車の停止と被害者の安全確保を同時に行えます。
夜間は視界が遮られますし、光は発見し易い視覚情報の一つですが、距離が有ると光の正体は分かり難いので、目だけに頼らず耳を使って状況を把握します。
行動力が結果を良い方向に導きますから、諦めないで対処する勇気は称えられますし、被害が拡大しなければ行動による結果として残ります。
火事に対する避難訓練と同様に、自動車事故に対応出来る知識がドライバーに必要なので、慌てず対処する為には事故に遭わない事と遭遇した時の行動を覚える必要があります。

コメントは受け付けていません。