二段階右折の正しいやり方

普通自動車免許の持ち主なら、ほぼ全員が教習所で原動機付自転車の二段階右折について学んだことでしょう。しかしながら、その正しいやり方を現在でも覚えている人はどのぐらいいらっしゃるでしょうか。いわゆる原付を生活の足にしている方であれば、もしかしたら二段階右折を完璧に理解できているかもしれません。それ以外の方も、いつ何時原付を運転することになるかわからないので、正しいやり方を覚えておきましょう。交差点に差し掛かったら、周囲の標識に意識を移します。教習所で習った二段階右折の標識が可能であるという意味を示す標識が目に入れば、心の準備を整えておきましょう。次に、キープレフトのままウインカーを右折するときと同じようにします。信号が青ならそのまま右折をするのではなく、後方確認をしてから左折をするように体を倒しましょう。そして、左折後の横断歩道付近に原付用の待機ゾーンがありますので、停止線を目指して徐行します。進行方向の信号が青になったのであれば、周囲の安全を確認してから走り出しましょう。ここまでが正しいやり方の流れです。頭の中で確実に理解できたら、自分のものにするためには実践を繰り返す必要があります。

コメントは受け付けていません。